オッサンのツーリングのスタイルは、鉄道ファンで言うと「乗り鉄」だろうか。

目的地に行くとか、途中で観光するとかよりも、ただひたすら気持ちよく走り続けたい。
ライディング自体が目的となっている。


ツーリングの記事で、

f:id:wevwev:20160512175854j:plain

たまにこんな画像を載せていたのを覚えておられるだろうか?


GPSの位置情報を記録して地図に反映させているのだが、この記録させるための装置を「ロガー」という。







f:id:wevwev:20160512180950j:plain

オッサンが使っているのはこんなの。
HOLUX社のM-241という機種。


スマホにもほぼ同じ機能が搭載されていて、やろうと思えば同じことができるのだけども。
なにしろ衛星からの信号をリアルタイムに受け取って処理し続けるのだ。スマホでやると、電池をものすごく消費する。


なので、餅は餅屋。

その機能だけに特化した機械を使用するのが一般的。
オッサンの持っているこの機種は、単三電池1本で半日は記録可能という優れものだ。

もちろん、データはスマホやPCに転送することができる。
旅の記憶と合わせて、記録も残しておくと、思い返して楽しいですぞ。



余談だがこのロガー。
形がパトローネ(銀塩フィルムのあれ)みたいである。

もう少し経つと、「フィルムってなんです?」って若い子に言われてしまうのだろうなあと思うとちょっと切ない。